ウォーターサーバーイメージ

硬水ではキレイにならないのでウォーターサーバーの水を使ってグラスを磨く

私は昔から水道水を飲む習慣が無く、子供の頃からミネラルウォーターを飲んできました。
母が栄養士と言うことも影響し、添加物などにうるさかったと言うこともあり、常に冷蔵庫にはミネラルウォーターのストックが蓄えられていました。
そのため、結婚し独立した後も、ミネラルウォーターを好んで飲んできたのですが、日々の食料の買い出しに加えて、ミネラルウォーターの購入は非常に負担でした。
とにかく重い、これを持ってスーパーから家まで歩くのがイヤでたまらず、水道水でもいいやと思うことが何度かあった程です。
実家では、ミネラルウォーターは定期便を利用していましたが、これは家族が多いからできたことであって、2人暮らしの私達にとって、この定期便は割に合わなかったのです。
そんな救世主がウォーターサーバーでした。
初めてウォーターサーバーを見たのは、どこかのクリニックの待合室でした。
こんな便利な物があるのかと思い、色々調べるとタンクを配送してくれるシステムがあり、またサーバーのレンタル料金も想像以上に安価だったので、早速連絡してお願いすることになりました。
これで、面倒だったミネラルウォーターを運ぶ苦行からも開放されます。
これまでお料理は、水道水を沸かせて時間を置いた物を使っていました。
カルキを飛ばすため、母から教わった手法だったのですが、サーバーを設置してから、こう言った面倒な手間をする必要が無く、非常に助かりました。
その後、私達は主人の転勤により海外に引っ越すこととなりました。
ご存知の通り、海外の水道水は飲料用には適しません。
また日本と違って硬水のところが多く、海外に住んだ方なら経験があるかもしれませんが、お掃除に硬水を使うと、水跡が残ってしまいキレイにならないのです。
そのため、引っ越しと同時に海外のウォーターサーバー会社と契約し、サーバーのお水は掃除でも大活躍しました。
特にワインが好きな主人は、ワイングラスがピカピカでないと飲んでくれないのです。
硬水で洗うと、水跡が残り光り輝く状態にはなりません。
そのため、日本では簡単にキレイになったワイングラス一つを洗うのも、布巾で何度も磨いて水跡を消さなければならない、大変な仕事の一つだったのですが、ウォーターサーバーのお水を使うことで、この面倒な作業からも開放されました。
お水はスケルトンなので中身の分量もすぐわかりますし、海外では無くなったら電話1本ですぐに配達してくれるのも嬉しいです。

Copyright(C) 2010 きれいなみず.com All Rights Reserved.